テーブルトップサイズの素粒子実験

(To English Page)

R4年度大学院入学用ガイダンス資料

物質や宇宙の究極の姿を探る素粒子実験。そのための手段としては、大型加速器を用いるのが主流です。しかしわれわれは、実験手段を工夫し、小規模な実験装置で素粒子実験を行っています。大型加速器では調べられないような粒子の性質や、真空や時空の構造までも視野に入れて実験を行っています。

ポジトロニウムを使った実験

弱結合の未発見素粒子を探す実験

真空や光の性質を調べる実験

時空や重力の性質を調べる実験

Contact: T. Namba (naniwa@icepp.s.u-tokyo.ac.jp)